Explore this website

Stalk me on the internet

Posts by Retrip

いつもRETRIPをご利用いただきありがとうございます。

旅行・おでかけキュレーションサービス「RETRIP<リトリップ>」は、このたび、ヤフー株式会社の子会社でありスマートフォン向けのリッチ広告を開発・販売するリッチラボ株式会社(本社:東京都千代田区)が開発した「フェードインビデオ」「プライムウィンドウ」「スイッチフェイス」「センタージャック」などの広告フォーマットを、RETRIPのスマートフォン向けブランド広告メニューとして提供開始いたしました。
※2017年4月より「フェードインビデオ」など一部メニューは、すでにRETRIPで試験導入しており、複数のクライアント様にて配信いただいております。

いずれのメニューも、リッチラボ社の技術と特許により、既存の類似広告よりもストレスなく心地よいユーザー体験を目指し開発されたもので、中でも「フェードインビデオ」の新版は、動画広告による高質なブランド訴求と、バナー広告によるストレートな情報伝達という、双方の特質を同時に備えた斬新な広告フォーマットとして、今回、RETRIPと初めて配信可能なメニューとして提供を開始したものです。

▼フェードインビデオ

スクロールにより動画が画面内に表示されると自動再生開始、動画が画面の中央付近に位置しているときにのみ動画の周囲が暗転し動画に注目が集まります。動画を一定時間以上、閲覧していると動画の上下にアクションを誘導するバナーを表示。動画素材の入稿のみでリッチな広告表現が実現可能です。

ご参考(デモサイトに遷移します。スマホ画面でご覧ください):
http://cdn.richlab.io/js.Sample/trippiece/release/201705/fadeinvideo/index.html

このほか、ページ上の透過窓から背面の広告クリエイティブを覗く「プライムウィンドウ」や、2種類の広告クリエイティブがユーザーのスクロール操作により鮮やかに切り替わる「スイッチフェイス」など、いずれも記事の閲覧やメディアの世界観を邪魔することなく、ユーザーの皆樣にもお楽しみいただける広告表現を実現していることが特徴です。

 

▼プライムウィンドウ

コンテンツ内に設置された透過窓から、背景に設定された全画面広告がスクロールに合わせ見え隠れする広告メニューです。コンテンツの間から背面の広告が少しずつ見えることで、ユーザーの関心が喚起されます。コンテンツの間の広告表示枠をタップするとエキスパンドページが表示されます。

ご参考(デモサイトに遷移します。スマホ画面でご覧ください):
http://cdn.richlab.io/js.Sample/trippiece/release/201705/primewindow/index.html
※「プライムウィンドウ」は、日本デザイン振興会が主催する「2014年度グッドデザイン賞を受賞しています。

▼スイッチフェイス

ページ上で2枚のバナークリエイティブを1枚分のエリアで表現するフォーマットです。ユーザーのスクロール操作にあわせてクリエイティブが切り替わり、徐々に変化するエフェクトをいかしたストーリー性のある表現ができます。

ご参考(デモサイトに遷移します。スマホ画面でご覧ください):
http://cdn.richlab.io/js.Sample/trippiece/release/201705/switchface/index.html

▼センタージャック

スクロールによりバナーが中央付近に位置している時のみ上下にクリエイティブを表示し、バナーの存在を気付きやすくするとともに、リッチな広告表現が実現可能です。

ご参考(デモサイトに遷移します。スマホ画面でご覧ください):
http://cdn.richlab.io/js.Sample/trippiece/release/201705/centerjack/index.html

リッチラボ社と、RETRIPを運営する株式会社trippiece(本社:東京都品川区)は、今回の協業により、こうした新しいブランド広告の開発、販売を共同で推進してまいります。

RETRIPはこれからも、ユーザー、クライアント、メディアの3者すべてにとってより有益な広告配信を目指し、魅力あるサービスの実現に取り組んでまいります。

■ 本件に関するお問い合わせ先

株式会社trippiece ビジネスプラットフォーム事業部 担当:戴(タイ)、渡辺、池田
biz@trippiece.com

RETRIPは、旅行・おでかけ情報を、自由に組み合わせ、保存、紹介することが出来るサービスです。旅行・おでかけ好きのみなさまから、世界中のありとあらゆる有用な旅行・おでかけ情報をご提供いただきながら、ユーザーのみなさま(以下ユーザー)の、よりよい旅行・おでかけ体験の実現を目指し、サービスを運営しております。
より信頼のおける有益なサービスとして発展を目指していくため、情報の掲載にあたりコンテンツポリシーを定めております。

 

目次

・「コンテンツ」とは
・「コンテンツ」に対する3つの考え方
・「コンテンツ」の品質を向上させる4つの取り組み
・「コンテンツ」提供ユーザーについて
・情報の正確性について
・削除ポリシー
・禁止事項

 

コンテンツとは

RETRIPのコンテンツは大きくわけて、下記の2つで構成されています

①1人1人の感性でまとめられた「まとめ記事」

まとめ記事とは、旅行・おでかけが好きなユーザー一人ひとりの感性や属性にもとづき、あらゆる切り口で構成・作成される記事型コンテンツです。「今年の夏行ってみて良かった、沖縄の絶景観光スポットまとめ」「デートで使ってみたい、都内の高級焼肉の有名店まとめ」など、様々な切り口のまとめ記事があります。

例えば、飲食情報の対象者だけを切り取っても、

・とにかく味を追求する舌の肥えたグルメな方
・SNSでの写真映えを最優先におでかけ先を決める女子大生
・デートのために店の雰囲気を重視して店探しをするカップル
・子どもが楽しめるアミューズメントを探索する子連れのファミリー
・日本に幾度も観光で訪れている海外在住のビジネスパーソン

など、人の数だけ様々なニーズや切り口があります。

RETRIPは、あらゆる人々の旅行・おでかけ体験を、有益で素晴らしいものにしていくため、多様な価値観を大切にしています。

 

②1人1人の体験・知見が集まる「スポットページ」

スポットページとは、施設に関連するあらゆる情報が集約されるページです。
名称、住所等の基本情報はもちろんのこと、主要サイトへの導線なども掲示されています。

また、ユーザーはスポットページへ「画像※ / 動画」、「リアクション」、「コメント」等の情報を提供することが出来ます。

ユーザーからご提供いただいた情報は、RETRIPのデータベースへ蓄積され、様々な指標を元にスコアリングを行い、サイト内アルゴリズムへ反映されます。

※画像投稿機能については、現在、登録ログインユーザー向けに一般公開しておりますが、その他の機能はβ版のため、一部ユーザー限定、もしくは非公開でございます。予めご了承ください。

 

コンテンツに対する3つの考え方

自由で多様な価値観

自由な本音を発信できること、また価値観の多様性を大切にしています。
スマートフォンの普及で、これまで以上に多くの人々がインターネットに触れており、その人々を旅行・おでかけユーザーとして一括りにすることは決してできず、国籍×地域×性別×年代×興味関心×時制×熟練度×etc.. と、多種多様なニーズや属性が存在します。
当然、人の数だけ、異なる価値観が存在し、多様な価値観によって切り出される旅行風景は、体験する人によって異なります。
例えば、都心在住者にとっては極当たり前な渋谷のスクランブル交差点も、訪日観光客にとってはかけがえのない非日常的な風景です。他にも、
飲食店で買った飲食物を、自ら食べるためではなくSNSに上げる写真を撮るために、写真映え重視でオーダーする若者であったり、宿泊場所や旅行行程を決めずにLCCで現地入りし、旅行先で動きながらスマホで意思決定をしていく、といったスタイルも増えています。
テクノロジーの進化に伴い、日々、様々な旅行・おでかけのスタイルが生まれています。私たちはそういった多様な価値観に基づいた自由な旅行・おでかけの楽しみ方を尊重し、大切にしてまいります。

公平・中立

私たちは、ユーザーと事業者を中立・公正に繋ぐ立場でありたいと考えております。
配信につきましては、ユーザーにとって有用で有益な情報か否かを、掲載および配信基準としているため、特定の事業者を恣意的に扱ったり、過剰な評価を行う等の中立性を損なう情報の掲載は禁止しております。
ステルスマーケティング等のユーザーを欺く行為についても厳格に禁止しており、RETRIP編集部(以下、運営編集部)発信の情報はもちろんのこと、ユーザーの不適切な投稿についても厳正な対応を行ってまいります。
私たちは、事業者の集客支援を目的としたサービスではありません。しかしながらユーザーの利便性を追求するためだけのサービスでもありません。ユーザーのよりよい旅行・おでかけ体験の創出のためには、優良なサービス体験を提供する事業者の発展こそ最重要であり、またそれらのサービス体験を提供する裏側に存在する日々の企業努力を、尊く敬うべきものと考えております。

テクノロジーの追求

国内外に存在する、多様で有益な情報を幅広く提供するためには、膨大なユーザーニーズをきめ細やかに把握する必要があり、多くのコンテンツ提供者が求められます。それらは壮大なチャレンジであり、運営編集部の小さな編集チームだけでは到底成し得ません。そのため、人力での情報収集のみならず、コンテンツクローラー開発、行動データの解析、マッチングアルゴリズム開発、機械学習開発、投稿体験の改善など、コンテンツテクノロジーへ最大の投資を行うことで、それらが満たされる有益な情報サービスの実現を目指しています。

 

コンテンツの品質を向上させる4つの取組み

・編集チームによるフォローアップ・取材活動(運営編集部)

・運営編集部内外問わず、コンテンツの品質をあげるために投稿者へのフォローアップ・アドバイス・指導を定期的に行っております。また、自動検知システムによる検知後には、目視の確認等を実施しています。掲載から時間のたった古い情報についても、横断で更新、確認するシステムの開発や、それらを運用する運営編集部体制の拡大を行っております。
加えて、ユーザーからの情報だけでなく、運営編集部の取材チームによる取材活動を日本・国外問わず毎日行っております。月間数百に及ぶ取材活動を行っており、数千件以上のコンテンツが毎月新規掲載されています。それらの情報は、運営編集部以外のユーザーもサービス全体で幅広く利用できる仕組みを整えております。

・各種APIなどの補助機能(システム)

・より有益な情報を提供するため、自社のコンテンツデータベースのみならず、他社のコンテンツAPIとの連携を行っております。

・エリア在住者やカテゴリに精通しているユーザーによる情報更新(パートナー)

・エリアや地域の在住者、特定の領域に精通しているユーザー、その他ご協力いただいているパートナーのみなさまに、多くの奨励制度を用意しております。新規の情報提供や、既存情報のアップデートを行う監修機能など、パートナーさま向けの機能を拡充してまいります。

・ユーザーから受け付ける投稿や情報更新(一般)

・インターネットの口コミサイトなどに日常的に投稿しているような情報の発信に意欲的なユーザーからだけでなく、日頃閲覧中心のユーザーも対象に広くコンテンツを集めることで、よりリアルで精度の高い情報を提供していきたいと考えております。そのため、現在存在する投稿機能に加えて、より簡易なアクションで情報を収集できる機能システムなどを中心に、あらゆるアプローチで、裾野の広い情報収集に努めてまいります。新しい施設情報の提供や、過去に投稿された既存のコンテンツへの情報追加や更新などもユーザーによって手軽に行える仕組みを整え、より信頼のおける情報が掲載されるよう努めてまいります。

 

コンテンツ提供ユーザーについて

RETRIPでは、運営編集部のみならず、多くのユーザーの協力の元、旅行・おでかけのコンテンツが掲載されています。
すべての情報は無料で閲覧することが出来ますが(2017年7月1日現在)、情報提供については役割に応じて、いくつかの権限設定がございます。

・ユーザー(非ログイン)

サイト・アプリを閲覧しているユーザーです。閲覧のみだと会員登録の必要はございません。
コンテンツ提供に関しては、お問い合わせフォームより「修正・追加提案」のみが可能です。

・登録ユーザー(会員登録/ログイン)

会員登録、ログインを行い、サイト・アプリを閲覧しているユーザーです。まとめ記事やスポットの無制限お気に入り機能や、各種会員限定の機能がお使いいただけます。
コンテンツ提供に関しては、アプリスポットページからスポット画像の投稿可能が可能です。(運営編集部担当部門による確認後、公開)

・投稿ユーザー(投稿審査通過後 / ログイン時)

上記登録ユーザーの中でも、高頻度でサービスをご利用いただいており、各種審査に通過されたアクティブユーザーです。コンテンツ提供に関しては、まとめ記事の作成・投稿可能が可能(確認後、公開)、になり、スポットページの画像が自動承認で公開されるなど、より高い権限が設定されます。

・承認ユーザー(ログイン時)

投稿ユーザーの中でも、特にアクティブで、サービスへの貢献度が高いユーザーです。
コンテンツ提供に関しては、上記投稿ユーザーと同等ですが、特別プログラムの招待や、その他特別な権限設定がなされます。

・法人ユーザー

スポットページの掲載施設を運営をされている法人ユーザーです。運営する各スポットへの管理者権限を有することが出来ます。コンテンツ提供に関しては、法人ユーザー自らが運営・管理している施設のスポットページの基本情報を追加・修正することが出来ます。その他サイト全体における機能は、登録ユーザーと同等です。

 

情報の正確性について

信頼のおける正確な情報をお届けすることは、情報サービス事業者として、最も重要視すべき項目と考えております。
情報の正確性とは、ユーザー投稿型サービスの可能性を否定するものではなく、また私達が大切にしている表現の自由や多様性に相反するものでもありません。信頼のおける正確な情報は、ユーザーの安心で有益な、旅行・おでかけ体験を実現するために欠かせないものです

弊サービスでは、ユーザー投稿、クローラーによる情報収集、編集部による編集、取材など、あらゆる手段により、情報を掲載しておりますが、
サービスに掲載される情報に誤りやあった場合は、迅速な対応を行い、正しい情報発信がなされるよう努めてまいります。
また、それらの情報が発生しないよう、各種情報の修正提案機能、取扱いフローについても、システム、運営編集部内運用の両面より、日々改善に努めてまいります。
不正確な情報には至らずとも、解釈の誤認等が発生する可能性のある表現についても、継続的なガイドラインの改善等で発生防止に努めてまいります。

 

削除ポリシー

日々、コンテンツのチェックを行っておりますが、状況によってコンテンツを削除・非表示化する場合がございます。

削除対象となる可能性のあるコンテンツ

・不正確な情報を含むコンテンツ
・虚偽の情報を含むコンテンツ
・旅行・渡航時の安全に関わるコンテンツ
・著作権、肖像権など第三者の権利を侵害している情報を含むコンテンツ
・情報が薄いコンテンツ
・更新がされておらず情報が古いコンテンツ
・利用規約に違反するコンテンツ
・その他、運営が不適切と認めたコンテンツ

 

禁止事項等について

弊サービスでは、コンテンツ投稿に禁止事項を定めております。詳細は弊サービス利用規約をご確認ください。
・第三者の権利を侵害する情報を掲載すること
・営利目的で、自他者問わず事業者の紹介を行うこと(ステルスマーケティング)
・根拠に乏しい情報、虚偽の情報を載せること
・ユーザーの経済的損失につながる情報を載せること
・誹謗中傷・差別表現など社会通念上許容されない、倫理道徳に反する情報を載せること
・その他、利用規約の禁止事項に違反する行為

 

さいごに

本ポリシーにつきましては、定期的に更新されますので、ご確認いただければ幸いです。
ご意見・ご要望は広く受け付けておりますので、こちらよりお寄せください。

 

付則

【2017年7月25日改定】

いつもRETRIPをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

2016年7月19日(火)〜8月21日(日)にかけて、弊サービスのお問い合わせフォームの一部( https://retrip.jp/contact/ )に不具合が発生していたことが判明いたしました。
※現在は復旧しております。

上記期間内にお送りいただいたお問い合わせにつきましては、上記理由により一部が未達となっているため、弊社にて内容を確認出来ておりません。

上記期間にお問い合わせいただき、未だ弊社からの返答がない場合、大変お手数ではございますが、改めて下記のURLよりお問い合わせいただけますようお願い申し上げます。

———————————————————
https://retrip.jp/contact/
———————————————————

この度は多大なるご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございません。

今後ともRETRIPをどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

■ 本件に関するお問い合わせ先

RETRIP<リトリップ> カスタマーサポートセンター
support@retrip.jp

 

いつもRETRIPをご利用いただきありがとうございます。

RETRIP開発チームです。

2016年6月2日(木)にアップデートしましたiOSアプリ1.0.8におきまして、AppStoreでの更新後、アプリが起動ができなくなる不具合が一部で発生しております。

現在、修正版をリリース準備しておりますので、新バージョンが公開されるまでの間、アップデートをお控えいただくか、更新済みの方は、アプリを削除し改めてインストールしていただけますようお願い申し上げます。

この度は多大なるご迷惑をおかけしまして、誠に申し訳ございません。

対応完了まで今しばらくお待ちいただけますようお願い申し上げます。

 

■ 本件に関するお問い合わせ先
RETRIP<リトリップ> 開発チーム
info@retrip.jp

 

btn_appstore   btn_googleplay

RETRIPのまとめを作成する際の公式画像にフォトストックサイト「アマナイメージズ」が追加されました。
実績のある一部のキュレーターさまから、順次機能が利用できるようになります。

アマナイメージズについて

ブログよう_amana

日本最大級のストックコンテンツ販売サイト
2,500万点以上の高品質・低価格の画像素材が用意されており、旅行、おでかけのまとめ記事作成には最適なフォトストックサイトです。

http://amanaimages.com/

 

使用方法について

スクリーンショット 2016-04-30 12.10.41

画像を追加をクリックし、左側の「画像を探す」タブからamanaimagesを選択。
探したいキーワードを検索し、表示された画像から使用したい素材を選択してください。
※実績がある一部のキュレーターさまから、順次機能が利用できるようになります。

 

RETRIPでは、今後もキュレーターのみなさまが、より安心して魅力的なまとめを作ることができるよう、様々な取り組みを進めてまいります。

■ 本件に関するお問い合わせ先
RETRIP<リトリップ> 広報担当 info@retrip.jp

いつもRETRIPをご利用いただきありがとうございます。

2016年4月12日、旅行・おでかけキュレーションサービス「RETRIP」は、iOS / Androidアプリを同時リリースいたしました。

これまでWEBブラウザ版のみでサービスを提供しておりましたが、より便利に快適にRETRIPをお使いいただけるようになります。

 

スワイプでさまざまなカテゴリ別に閲覧

apps2

 

WEB版で配信している編集部による「ピックアップ」記事だけでなく、「国内」「海外」「おでかけ」「グルメ」などのカテゴリタブ、前日にRETRIPで人気の「ランキング」タブなど、様々な切り口のまとめ記事を、スワイプで切り替えてかんたんに閲覧することができます。

また気に入った記事やスポットは「お気に入り」登録をすることでいつでも読み返すことができます。

 

便利なイベントカレンダータブも新設

apps3

アプリ限定の機能として「イベント」タブも追加。日本全国で注目のイベント情報をカレンダー順で閲覧ができます。長期休みの旅行から週末のおでかけまで、季節やトレンドにそったイベント情報をチェックすることができます。

スマホからのダウンロードはこちらより

btn_appstore   btn_googleplay

今後も新機能の追加やインターフェイスのブラッシュアップなど、2週間ごとに様々なアップデートを実施していく予定です。

RETRIPは今後もユーザーのみなさまに使いやすいサービスになるよう、日々進化してまいります。

■ 本件に関するお問い合わせ先
RETRIP<リトリップ> 広報担当
info@retrip.jp

 

2015年12月24日、旅行キュレーションサービス「RETRIP」は、スマートフォン、PC版ともにデザインリニューアルを実施しました。

ロゴアイコン、サイトカラーと色使いも原色の7色からパステルの4色に刷新、よりコンテンツが魅力的に見られるような改修をおこなっています。

 

名称未設定-2

新スマホデザイン

 ブログよう

新ロゴアイコン

RETRIPは今後もユーザーのみなさまに使いやすいサービスになるよう、日々進化してまいります。

 ■ 本件に関するお問い合わせ先
RETRIP<リトリップ> 広報担当 info@retrip.jp

 

RETRIPのまとめを作成する際の公式画像に国内フォトストックサイト「PIXTA」が追加されました。
実績のある一部のキュレーターさまから、順次機能が利用できるようになります。

 

PIXTAについて

b6b4e8d0887f7c4d9b6d332f4d49c4eb52740dd8

写真素材・ストックフォト国内最王手のサイト。
1480万点以上の高品質・低価格のロイヤリティフリー画像素材が用意されており、特に国内のまとめ記事作成には最適なフォトストックサイトです。

https://pixta.jp

 

使用方法について

画像を追加をクリックし、左側の「画像を探す」タブからPIXTAを選択。
探したいキーワードを検索し、表示された画像から使用したい素材を選択してください。
※実績がある一部のキュレーターさまから、順次機能が利用できるようになります。

スクリーンショット 2016-01-22 3.08.58

 

RETRIPでは、今後もキュレーターのみなさまが、より安心して魅力的なまとめを作ることができるよう、様々な取り組みを進めてまいります。

 

■ 本件に関するお問い合わせ先
RETRIP<リトリップ> 広報担当 info@retrip.jp

平素より、RETRIPをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

2015年7月31日正午〜17時ごろまで、RETRIPのサイトが表示されない、メンテナンスモードが表示される、投稿が保存出来ないなど、断続的にサービスが停止される障害が発生いたしました。

現在は問題が解決され、正常にサービスを利用することができます。ご利用のお客様にはご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。

記事投稿中のキュレーターさまにおきましては、下書き保存をしていない状況での、作成中まとめ記事にて、エラーにより保存が出来ないなどの事象の報告がございました。

現在は復旧しておりますので、保存が可能な状態ですが、万が一現時点でも保存が出来ない場合、恐れ入りますが、新規まとめを作成し、コピー&ペーストで移行する等の処理を行っていただきますようお願い申し上げます。

ユーザーのみなさま、キュレーターのみなさまに多大なご迷惑をおかけいたしました事、心よりお詫び申し上げます。
今後はサービスの安定化に万全を期するよう、努めてまいりますので、今後ともRETRIPをご愛顧いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

■ 本件に関するお問い合わせ先
RETRIP<リトリップ> 広報担当 info@retrip.jp

RETRIPのまとめ記事作成時に「Flickr」「instagram」の画像が使用できるようになりました!
キュレーターのみなさまが安心してまとめ記事を作れるようにするための取り組みの一環でございます。

現在、画像ライセンスの提携を十数社と行っておりますが、順次提携先を拡大し、年内に300社まで増加させる計画でございます。

Flickr機能の使い方

スクリーンショット 2016-01-22 2.53.39

「画像」ボタンをクリック、左タブから「Flickr」アイコンをクリック、追加キーワード検索のテキスト入力欄から、追加したいキーワードで検索すると画像が表示されます。検索結果より選択し追加してください。

FlickrAPI規約に関連して、CC(クリエイティブコモンズ)ライセンスの画像のみがご使用いただけます。

 

Instagram機能の使い方

スクリーンショット 2016-01-22 2.43.12

「画像」ボタンをクリック、左タブから「instagram」アイコンをクリック、追加キーワード検索のテキスト入力欄から、追加したいキーワードで検索すると画像が表示されます。検索結果より選択し追加してください。

instagramAPIを利用しておりますため、の規約上、一般公開されている投稿のみが表示されます。
※一般公開の投稿の中から、特定の投稿を除く機能はございません。

 

画像に関するお問い合わせについて

画像に関しては、Instagram社提供の正規APIを利用しています。
利用規約に準じた運用をしておりますので、まとめ内の画像削除等のご依頼は、当該まとめ記事の下部にある『このまとめ記事に関して報告する』よりご報告くださいますようお願いいたします。弊サービス管理部にて早急に対応させていただきます。

 

■ 本件に関するお問い合わせ先
RETRIP<リトリップ> 広報担当 info@retrip.jp